先日、某有名ウェディングドレスサロン様にて、スタイリスト様向けに骨格診断とパーソナルカラーの研修をいたしました。

全国の各店舗でご活躍中のスタイリスト様のブラッシュアップの機会。

皆様の骨格診断とパーソナルカラー診断をして、制服スタイリングのアドバイス。

さらに、骨格診断メソッドによる似合うウェディングドレスの選び方、カラードレスにお役立ていただけるパーソナルカラーの識別などお伝えしました。

終日の研修でしたが、皆様イキイキと参加してくださり、とても感謝しております。

 

診断することで似合うドレスともったいないドレスがわかりますが、その理論をもとに着られる着られないを選別するのが目的ではありません。

子どもの頃から夢見ていたウェディングドレス。

憧れのドレスを着たいものです。

わたしもそうでした。

先輩のドレス姿を見て、ずっと憧れていた色がありました。

ですが当時はまだ似合う色やデザイン、素材感を知らなかったので、ドレス選びを失敗してしまったのです。

白のドレスはベストを選べていたのですが、カラードレスはなんだか身体が逞しく、顔が暗い

後悔しないドレス選びには、好きなものを着たい気持ちを大切にしながら、似合うものと相談する視点が大切!

実体験を通して、痛感しています。

やはりどうしても、生まれもった特徴によって着太りしてしまうドレスラインや、ご本人が寂しく見えてしまうデザインや素材があります。

主役の花嫁さまの存在が華やぎ、たくさん残る写真を何度も見返したくなるように

骨格診断とパーソナルカラーの視点を、ドレス選びのヒントの一つにしていただけたら幸いです。

スタッフの皆様、常に温かいお心配りをいただきありがとうございました。

こちらの件でお力添えを下さった皆様、ありがとうございました。