母校であるICBインターナショナル様にて、パーソナルカラーアナリスト養成講師をしております。

 

「どんなことをしているんだろう?」と感じる人のために、本日は講義風景を少しレポートさせて下さい^^

 

まずは、受講生や卒業生の方が「パワースポット」と呼ぶお教室。

 

歌舞伎座タワー20階に差し込む光はいつも気持ちがいい!

 

築地本願寺やお台場のフジテレビ、海が見える絶景ポイントでもあります。

 

この時は色のトーンについてご説明。

 

例えば同じ黄色でも、ひまわりのように明るく元気なイメージの黄色があれば、レモンのようにスッキリとした清涼感がある黄色もあります。

 

この色味の違いを見極めたり、それぞれのトーンが与えるイメージを用いてお客様のファッションカラーをアドバイスするのも、パーソナルカラーアナリストの仕事。

 

スクール内にある教材を駆使して、難しいことも楽しく受け取っていただけるように、常にアンテナを張って工夫です。

また、アドバイスに欠かせないのはファッションだけでなくメイクアップカラーも。

 

ここ数年コスメサイトの至る所で、イエベ・ブルベ・というワードが出てきます。
(色彩調和の基本となる、イエローベース・ブルーベースという分類があり、その略)

 

色の違いを見極めるトレーニングは、レッスン内で実物を使って実施。

 

微妙すぎて難しい色が多いですが、コスメが好きな方にはワクワク時間です♪

 

プロとして活動していただけるスキルを支援するとともに、「レッスンへ行くのが楽しみで仕方ない!」と思っていただくレッスンをつくるのが講師の仕事。

 

それを忘れてしまうと、信頼関係が築けず、学ぶ意欲も低下させてしまいます。

 

人を相手にする仕事ですから、絶対の正解があるわけではありませんが、ベストを出し切る気持ちを忘れずに。

 

愛情を忘れずに。

 

以上、講義風景レポートでした。

 

お読みくださりありがとうございました^^